1. TOP
  2. ラウンジ
  3. ANAラウンジとカードラウンジは全然違う

ANAラウンジとカードラウンジは全然違う

修行僧が、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を取得しようとする目的の一つに、ANAのラウンジに入れる権利が得られることがあげられます。

普通、このANAラウンジに入室するには、ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗しないとだめなのですが、ANAの上級会員(プラチナ以上)の資格をゲットできれば、その日の搭乗クラスがたとえエコノミークラスだったとしても入室することができ、飛行機の出発までとても優雅な時間を過ごすことができるようになるのです。

よく空港のラウンジと聞くと、『ゴールドカードを持っていると入れる、待合室みたいなやつでしょ。』と答える方が多いですが、
カード会社のラウンジと、航空会社のラウンジは、雲泥の差があります。

カード会社のラウンジ

出発前のひと時を無料で、優雅に過ごせる空間としては同じなのですが、その優雅さが違います。
通常、クレジットカードのラウンジは、ゴールドカードと呼ばれる、一般カードではない上級カード以上の所有者が入室できる空間です。

非制限エリア(保安検査場の外)に、設置されている空港が多く、出発前のひとときを優雅にと言っても、出発15分前までには保安検査場を通過しなければいけないので、出発ギリギリまでくつろいでいたら、かなりバタバタすることになります。

また、ソフトドリンクは飲み放題となっていますが、種類もそんなに多くはなく、原則、アルコール類は有料になります。

空港によっては、狭くて、窓もなく、ちょっと綺麗な漫画喫茶レベルといった感じだったりします。また、時間帯によってはかなり混んでいて、入室制限をかけれれる時もありました。

初めてゴールドカードを持ってラウンジに入った時には、とても嬉しかった記憶はありますが、最近では、マナーの悪い人も多くて、足が遠のいております。

航空会社のラウンジ

原則、そのラウンジを所有している航空会社またはその航空会社が属している航空連合(ANAの場合、スターアライアンス)のビジネスクラス・ファーストクラスの搭乗券か、上級会員資格を持っている人しか入室できません。

ソフトドリンクもアルコール類も無料で飲み放題(アルコール類は、結構、種類が豊富です。自動の生ビールサーバーがあったりします)

シャワールームも無料で借りることができ、深夜のフライトで機内泊する予定なら、シャワーを浴びてから搭乗して、さっぱりした状況ですぐに就寝することも可能です。

食べ物も無料で食べ放題。ホテルのビュッフェ並みの食べ物が用意されてたり、注文を受けてから作ってくれたりします。
(空港によっては、食べ物がないところや乾き物だけというところもあります)

制限区域内にあって、搭乗口も近いので、ギリギリまでゆっくりできます。

ANAラウンジを半永久的に航空会社のラウンジを利用する方法

なぜ、修行とまでいわれる苦行を経て、ANAの上級会員を目指す人が多いのかというと、一度でもANAの上級会員・プラチナステータス(ブロンズではダメです)にまで到達できれば、ANAスーパーフライヤーズカードを発行することができます。
このANAスーパーフライヤーズカードを持ち続ける(年会費を払い続ける)だけで、ANAのラウンジに入室することができます。
(もちろん飛行機に乗る時だけです)

SFC(スーパーフライヤーズカード)の魅力

それでは、今まで入室することができたラウンジを簡単に紹介してみます。

国内のラウンジ

羽田空港(国内線)

ANAの航空ラウンジは、羽田空港第2ターミナルに2箇所(本館北・本館南)あります。
搭乗する飛行機の搭乗口に近いラウンジを利用する方が、出発ギリギリまでのんびりできます。
羽田空港第2ターミナルの中央にあるエスカレーターで3階・出発ロビーまで昇ると、左右の保安検査場近くにプレミアムチェックインカウンターがあります。

混んでいる保安検査場を尻目に、颯爽とプレミアムチェックインカウンターに入っていくと、ちょっとした優越感を味わえるのは自分だけではないと思います。

部屋の一面がガラス張りの窓になっていて、とても明るい陽射しが差し込んできます。
窓の向こうには、飛行機の離発着を眺めることができ、ゆったりとした空間で、のんびりと出発までのひと時を過ごすことができます。

窓際にならぶ、背もたれの高いソファー。おしゃれですね。

 

仕事で出張の時は、アルコールが飲めないので、定番のトマトジュースとキューサイの青汁(牛乳割り)、おつまみスナックを頂きます。

 

羽田空港(国際線)

羽田空港の国際線ターミナルにもANAラウンジは2ヶ所あります。(114番ゲート付近と110番ゲート付近に)

国際線のラウンジは、国内線と違ってビッフェスタイルの料理があります。

ここで食べすぎてしまうと、機内食が食べれなくなってしまいますので、ほどほどにしたいのですが、いつも食べ過ぎてしまいます。

国際ラウンジ一押しのチキンカレー。
ANAさん、レトルトカレーで販売してくれないかなと思うほどの絶品です。

 

 

生ビール以外にも、焼酎やウイスキーなどのお酒類も豊富。
もちろん、氷や水、炭酸水もあるので、お好きな飲み方で何杯でも飲むことができます。
いつもひとりパーティーが催されます。

奥の方へ行くと、麺類をオーダーできる場所があります。
パッと見、わかりづらく、立ち食いそば感が否めないのがちょっと残念です。


〆の豚骨ラーメンもしっかりと頂くことができます。

成田空港

第4サテライトと第5サテライト、それに国際線で帰国後に使えるarrival_loungeがあります。

 

こちらも、一面がガラス張りになっていて明るい陽射しが差し込んできます。
各テーブル毎にコンセントがあって、長旅に備えて、スマホやタブレットを充電できます。

 

ラウンジの奥の方に、なにやら人が出入りしているところがあります。

よ~く見てみると、何かの案内看板みたいなものが、、、、

やはり、羽田空港と同じようにオーダー制の麺類提供スペースがありました。

 

社員食堂みたいな感じがちょっとがっかりです。

 

ちょうどいい感じのミニ豚骨ラーメン
この後、機内食を食べるとなると、これくらいのボリュームがちょうどいいのかもしれません。

 

 

伊丹空港

南ターミナルの3階にあります。
保安検査場の横に入り口があるのですが、若干わかりづらいです。
階段を下りた搭乗口の近くに綺麗なわかりやすい入り口もあるのですが、こちらから入室すると、ANA SUITE LOUNGEの受付になっていて、階段かエレベーターでひとつ上の階に、上がりなおさなければなりません。

仕事で利用する人が多いからでしょうか、気持ちビジネスデスクが多い気がします。
たまに、空港内にある551蓬莱の豚まんを持ち込んで食べている方を散見します。(匂いが凄いです)

新千歳空港

残念ながら、2017年3月15日(水)~9月初旬までは改修工事中の為、閉鎖されています。

その代わり、
ラウンジをご利用いただけないお詫びとして、入室資格者ご本人様、且つANAマイレージクラブ会員のお客様に、新千歳空港出発のANAグループ運航便・AIRDO便にANA便名でご搭乗されるごとに500マイルを進呈いたします。

のようです。

工事の前の情報になりますは、専用保安検査場を抜けると左側にラウンジの入り口があります。
保安検査場と搭乗エリアの間にある細長い鰻の寝床のような空間です。

角ハイボールが設置されているので、個人的に好きです。(伊丹にはなかったので)

福岡空港

2階出発ロビーに2箇所(南・北)あります。
搭乗口1~4、50をご利用の方は北ラウンジ、搭乗口6~10をご利用の方は南ラウンジが便利です。

出張のサラリーマンが多いからなのか、ビジネスデスクのラウンジの半分くらいが、ビジネスデスクになっています。

 

 

奥の方に、ゆったり座れるソファーと、クラブのVIPルームみたいな一段高いところに格子で仕切られたスペースがあります。
新千歳空港同様、窓がないので部屋なので、多少、圧迫感があります。

 

海外のラウンジ

韓国(金浦空港・ アシアナ航空ラウンジ )

空港3階の出国審査入り口の横(どちらかというと裏)、大韓航空ラウンジの奥に位置しています。


なので、出国審査を済ませてしまうと利用できなくなってしまいます。カードラウンジのようですね。

雰囲気も、カードラウンジっぽいですが、、、

食事類はパンと乾き物、なぜかタクワン?
カップラーメンも食べ放題です(やはり辛ラーメン)。
持ち出し防止のために、ふたは開けられてました。

ヴェトナム(ホーチミンシティ空港・ローズラウンジ)


保安検査場を抜けて、左にずっと進んで9番ゲートの手前の階段を降りたところにあります。

吹き抜け天井に全面ガラス張り、とても開放感があります。

料理の種類も豊富で、フルーツもたくさんあります。
むちゃむちゃ固い春巻き(結構、はまります)

自分で麺をゆでて、好きなトッピングをいれるタイプのフォーも食べ放題です。

 

 

マッサージチェアや仮眠室なんかもあって、かなりゆっくりすることができました。

 

 

シンガポール(チャンギ空港・クリスフライヤーゴールドラウンジ)

アジア最大級のハブ空港だけあって、かなり広いです。
数あるラウンジの中で、SFC会員が利用出来るのは、クリスフライヤーゴールドラウンジ

チャンギ空港には、ターミナル1~3があります。(現在、ターミナル4も建設中)
ターミナル2の3階にラウンジが集まっています。

食事スペースとくつろぎスペース、ビジネススペースと別れていて有意義なひと時が送れます。

サンドイッチやサラダ、ホットミールやデザートまで料理の種類が豊富です。

まとめ

如何でしたか。
写真の撮り方がイマイチだったので、ラウンジの良さが伝わらなかったかもしれませんが、旅の思い出をより一層深めてくれることは請け合いです。

団体旅行などでも、スターアライアンスに加盟の航空会社の飛行機に搭乗する場合は、これらのラウンジを利用することができます。
ツアーなどは、出発の2時間前に空港に到着していないといけない旅程などが多いですが、結構、空港で時間をつぶすことになってしまいますよね。
こういった時こそ十二分に活用できます。
飲み放題&食べ放題なので、時間の許す限り堪能してしまいますが、くれぐれも機内食が美味しく頂けるくらいにとどめて置いたほうがいいですよ^^

\ SNSでシェアしよう! /

陸マイラーの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

陸マイラーの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

空飛ぶ修行僧紹介 空飛ぶ修行僧一覧

Flying_monk

Flying_monk

≪植野やすを≫
陸マイラー歴14年。毎年、ほぼ無料で海外旅行を実践。
パラダイス山元氏を勝手に心の師と仰ぎ、家族からも冷ややかな目で見られながらもANA上級会員を維持するためにSFC修行遂行中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成田空港第1ターミナルのKALラウンジを利用してみた

  • 成田空港第1ターミナルのユナイテッドクラブラウンジを使って見た感想

  • SPGアメックスの特典を徹底解剖!実際に泊まってみてわかったメリット&デメリット

  • SPG無料宿泊特典で恵比寿のウェスティンに泊まる。無料でお部屋のアップグレードも

関連記事

  • 成田空港第1ターミナルのKALラウンジを利用してみた

  • 成田空港第1ターミナルのユナイテッドクラブラウンジを使って見た感想

  • 陸マイラー必須アイテム・プライオリティパスの魅力

  • プライオリティパスで巡るチャンギ空港ラウンジツアー